No Such Blog or Diary

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 1138 | 1139 | 1140 || Next»

LaTeX の無理やり Tips - セクションタイトルのまわりの空白制御

とりあえず,article.cls を読んてみると,section などの空白は以下の定義の@startsection に渡している数字部分で指定されているとわかる.4つ目の引数がタイトルの上,5つ目がタイトルのしたの空白である.これをいじれば空白を小さくできる.

\renewcommand\section{\@startsection {section}{1}{\z@}%
            {-2.0ex \@plus -1ex \@minus -.2ex}%
            {0.3ex \@plus.2ex}%
            {\fontfamily{ptm}\fontseries{bx}\fontshape{sc}\selectfont\Large}}

@startsection はセクションの本体で latex/base/latex.ltx に定義されている.一つ目の引数が環境名,二つ目がレベルである.star(*)付は @ssect に分岐,普通のは @sect に分岐する.@sect のなかでは \@seccntformat でセクション番号のフォーマットをするらしい.ただし,引数は section とかの環境の名前のみなので注意.レベルが1のときだけピリオドを出力するには, @sect もハックしなければならない.

\def\@seccntformat#1#2{%
\csname the#1\endcsname%
\ifnum #2=1\relax .\fi
\quad}
\def\@sect#1#2#3#4#5#6[#7]#8{%
  \ifnum #2>\c@secnumdepth
    \let\@svsec\@empty
  \else
    \refstepcounter{#1}%
    \protected@edef\@svsec{\@seccntformat{#1}{#2}\relax}%
  \fi
...

Meadow で Ispell

論文のスペルチェックに ispell を Meadow から呼ぶ.TeX のマクロとかを無視してくれるので楽.使い方は以下のとおり?

C:\Meadow\pkginfo\ispell\dot.emacs の中身を自分の .emacs へ.これやらないと辞書が見つからんと怒られる.

これで,M-x ispell や M-x ispell-buffer で ispell がかかる.あとは,間違いのところで候補の番号を押すか, i で登録とかする.

ちなみに,改行なしの長すぎる文章を ispell に渡すと帰ってこなくなるので,

C-x h
M-x fill-region

で適当に折り返しておいてから ispell をかけるべし.

いつのまにやら

第2回東方最萌トーナメントの方は 八雲紫 が勝利していた.ダブルスコアまではいっていないが,結構な差がついた模様.次は式との対戦ですか.

縮まらない~

論文が縮まらない.というか,内容を何も削っていないのだから当たり前なのだが.とりあえず,セクションタイトル周りの余計な空白をなくして,行間をちと狭くして,フォントを Computer Modern Roman から Abode Roman (?) に変えたら2ページ縮まった.残りあと2ページ...

規定オーバー

SPAA用のフォーマットに移行したところ,10ページだった本文が14ページに膨張した.

Submissions deviating significantly from these guidelines risk rejection without consideration of their merits.

とのことだが,significantly の程度はどの程度なのだろうか?規定では 10 ページなので,さすがに14ページはまずいかなぁ... どーにかせねば.

SPAAへ

今日のミーティングにて SPAA 行き確定.しかしながら,投稿規定によると論文は10ページ以内にしないといけないらしい.現在は小さな文字で13ページなので縮めないと...

とりあえず,査読者の一人が丁寧に英語の修正をしてくれたのでそれを反映させつつ構成を少々変更中...

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 1138 | 1139 | 1140 || Next»
Search
Feeds

Page Top