No Such Blog or Diary

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 74 | 75 | 76 || Next»

道の駅の全国制覇認定証

ということで,日曜の謎荷物は道の駅の全国制覇認定証と記念品だった.

A3 サイズの認定証は筒入り状態で届いた.なので工具で押さえてる.記念品はステッカー(大きい方)とマグネット(小さい方).宅急便の送り元はこれらを製造した会社だったのかも知れない.

そしてシリアルナンバーがキリの良い数で大変満足.

ついでに全区間のステッカーたち勢揃いも撮影(ひとつマグネットが混じってるが).

まあ,めでたし.昨今の状況を見るに,去年のうちに回り終えていて正解だったなという感想.

林道を探索

このまえ走りそびれた犢牛岳の辺りの林道を探索してきた.

とりあえず,久々の琴弾の滝とそこにある九州自然歩道の案内板.この地図の現在地から犢牛岳を回るまでの赤いルートの一本内側の辺りに行く.

ということで,赤いルート(九州自然歩道)から林道ザルヲ線へと突入.

そしてでかい水たまりを越えつつザルヲ線を少し行ったところにある分岐から林道安ノ原線へ突入.ここが今回の目的.

で,なかなか楽しい.ガードレールとか一切なしでダイブできる見晴らしのいいゆるいカーブもあった.ここはいい眺め(九州自然歩道に指定されている下の道も見える).

あと,路面があまり掃除されてなかったりデカい岩がすぐ横に落ちてたり.この岩は最近割れたのだろうか.

他にも頭ぶつけそうな感じで道をまたぐ倒木(直径10cm程度)が2回位あったりと,普通の車では来たくない感じの道.

そして終点.行き止まり.できたのは約40年前らしい.まあ,山の中って感じでよろしい場所.


んで,ついでなので赤いルート(九州自然歩道)に戻って犢牛岳を回った後に,まだ突入していない行き止まりへ突入(下の写真の右から来て左前方へ).自然歩道はこの行き止まりの方へ続いている.

そして行き止まり.自然歩道の卒塔婆と案内板によると,行き止まりのすぐ左手前にのびる急勾配の未舗装で草の生えた道(写真取り忘れた)へ突入していくと油木ダムに出られるらしい.でも400ccのオンロードなバイクでの突入は無理なので引き返す.


で,普通に引き返すのもつまらないし,少し引き返したところでコンクリート製の道への分岐を見つけていたので突入.そしたら,工事中の「林道 豊前坊線」に出た.位置的には九州自然歩道の案内板にあった「豊前坊林道」ってのがこれなのだろうか? 古そうな案内板にある林道の開設工事ってのもよく分からんけど.

そしてとりあえず北西方向に突き進んてみたら「関係者以外立入禁止」とか「通り抜けできません」とかの看板が.ついでに看板手前辺りでお昼ごはん中だった工事関係者っぽい人にジェスチャーでバッテン印を出されもしてたのでここらで引き返す.

なお,上の看板の辺りは見晴らしが良い.山しか見えないけど.

引き返してきて,「行き止まりへ突入」をしなかった場合に通ってくる道と合流(下の写真の左前方が工事中).

あとは通ったことある道を油木ダム目指してたらたら下る.工事中の林道とのギャップが結構楽しい(工事中の林道がいい道なので走りたくても,そこに行くまでの道がひどい).

なお,下の分岐に降りてきた後は未だ通ってない右側へ行くつもりだったのだけど,現地についたときに下と右とどっちを通ってなかったか分からなくて 1/2 の確率で失敗した.また今度そっち(津野方面)に突入する.

ということで,11時位に出発して3時間弱で80kmほど走ってきた.そろそろ暑くなってきたので朝早くに出かけないと死ぬる.

掃除が捗る:HDD 分解編

10年くらい溜めてた 3.5インチHDD 12台くらいを一斉に分解.この量のプラッタもあまり見る機会ないので思わず記念撮影.

記念撮影後には傷つけて曲げて破棄.さすがに30度くらいひん曲がったプラッタからデータを取り出すやつはいないだろう.

閑話休題.

2.5インチのプラッタがガラス製だった.ラジペンでひん曲げようとして2回ほど大爆発と掃除を繰り返した.あほだ……

なお,いきなり曲げようとせず,まずラジペンの刃で切れ込みを入れて割れるかどうかを確認すると幸せになれる(アルミなら傷がつくけど割れない).

バイクでお散歩に出かける

綺麗な新緑を見てリフレッシュするぞということで,バイクで林道やらの人気の少ないところを走って新緑を堪能してきた.県内移動のみ且つ途中補給とかは無しで.

とりあえずもみじが綺麗そうな英彦山方面へ向かいつつ,まずは彦山駅から英彦山へ登る R500 の途中から深倉峡の方へ抜ける林道 障子岳線へ突入.入り口の綺麗なもみじに惹かれての予定外の走行.路面は普通.

そしたら次は深倉峡&深倉園地へ.今まで来たことなかったのだけど,いい景色 & いい渓流.







でも,いつぞやの豪雨のダメージっぽいのが残りまくってるのはちょっと残念.もっと早めに来ておくべきだった.道も石が転がってたりでまだまだ工事中だったり……


そして深倉峡の奥から英彦山大権現へ抜ける林道のゲートはやっぱり開いてないので,来た道を引き返す.こうなることが分かってたので今まで来てなかったという……(来た道戻るの嫌い)

次は R500 経由で R496 へ移動.途中,英彦山大権現もみじ庵の辺りのもみじを確認.いい緑.

そして R496 に渡って上伊良原まで降りてきたところで林道 中川内線.正光寺のある r237 へ抜けられる.R496 を通るたびになんか道があるなぁと思いつつ通ってなかったとこ.路面は普通? もうちょい掃除されてると嬉しい.

そこから r237 と r32 を経由して R496 に戻ってきて,次は林道西犀川線へ.ここはまだ工事中なので途中まで.なお,まさに工事中な区間はさておき,部分的に路面に穴空いてたりするのが回避困難だったりするので新車では入りたくない感じ.



そして行き止まりから引き返して一番手前の分岐を曲がって犀川扇谷の集落を通る道を降りて R496 へ復帰.「大山祇神社の大イチョウ」の看板のあるところに出てくる.

あとはいつものお帰りルートで伊良原郵便局のところから赤村へワープ.上の写真の行き止まりの辺りは林道西犀川線の「3-3工区」で,伊良原郵便局から上がってきたところのT字路から左折した(赤村と逆方向,南へ進んだ)先の工事は「3-2工区」.今年の年末には両者がくっついて道路が繋がるのだろうか?

なお,十津川側に抜ける分岐のところにある看板によると,この分岐の北側で工事してるのは「2工区」らしい.林道西犀川線の起点ってどこだろ?(そのうち探索しよう)

そしてそのまま十津川沿いに下って琴弾の滝でも見ようかと思ったけれど,林道 ザルヲ線が呼んでる気がしたのでそっちへ突入.掃除を求む系の道.

途中,まだ走ってない林道 安ノ原線の分岐があったけれど今回もスルー.ここを行くと犢牛岳の方にいけるっぽいけど先がよく分からんのでまだ突っ込んでない.また今度.

ということで,昼から(昼飯食い忘れつつ)5時間で計150kmほど走って帰宅.5時間もバイクに乗ったのはいつ以来だろうか.とりあえず良い散歩だった.疲れたけど.

閑話休題.

久々だとやっぱヘルメット重いな……

また延期

今日は朝イチで久々の阿蘇.米塚周辺の阿蘇山麓一帯は今日野焼きするだろうと予想して来てみたけれど,雨に濡れてたからだか強風だかでまた延期.なかなか実施・延期を読み切るのは難しい.残念.

ということでとりあえず日の出頃にかぶと岩展望台のとこ.残念ながら展望台等建設中に付き立入禁止.完成予定はあと数日先らしい.来週に来れば完成したものが見られるか?


次に米塚の近く.「米塚」って書かれた標識がない.こっちも工事中で,しかも工期過ぎてるのに…… というオチ(野焼きでダメージを追うので野焼きのあとに設置するのだろう).

そして草千里のところの展望台に登ってきたところ.ここからなら米塚を比較的上から眺められる.近づきたくないレベルで喧しいジジイが居なければ良い場所.マイナス2℃の強風の中で耐えるにはキツイ場所.杵島岳は雲の中.

さて,天気予報的には次の金・土には焼かれるだろうか.

閑話休題.

米塚の野焼きを杵島岳から眺めようかとか思ったけれど,実は杵島岳も焼かれるので無理だと気づいた今日このごろ.日が重ならなければ草千里の方は杵島岳から眺められるので日が重ならないことを祈る.

睡眠時間を6時間削ればいい!

雪が降ったので白い景色を見に早朝に出発.睡眠 6時間で HP 回復する代わりに雪見に行って MP 回復する作戦.嘉麻峠が死んでないのでそこまでの雪ではなさそうだけど.

で,6時半頃に牧ノ戸峠到着.マイナス10度.まあ,一応雪で白い.

電光掲示板の左の道.誰も踏んでないので途中まで足跡つけて満足.10cmくらいの積雪か?

登山道入り口辺り.まあ,風の強いところだと吹き飛んでる程度の積雪っぽい.

ということで雪を見終えて山から降りてきて10時過ぎには出勤というエクストリーム出社もどきであったとさ.雪道を一度も走らずスタッドレスを履き替えることにならなくてよかった.

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 74 | 75 | 76 || Next»
Search
Feeds

Page Top