No Such Blog or Diary

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 959 | 960 | 961 |...| 978 | 979 | 980 || Next»

自転車が危険かも

4年間乗ってた自転車があちこちボロっちくなってきた.というか,ぼろぼろとあちこちのネジやら止め具などが落ちてしまっている.

似たようなパーツで修理してはいるけどそろそろ危ないかも.折りたたみ自転車だからうまく衝撃を与えると二つ折りになる可能性も出てきたし... 一番重いギアのときに力を掛けすぎるとチェーンが飛びまくるし... やっぱちゃんと直すか.時間ができたら.

OOo2.0Beta の Impress

輪講のスライド作成に OOo2.0Beta を使ってみた.

Impress のUI がPowerPoint に近いものに変わっており,スライド作るのが楽になった気がする.でも,まだBetaバージョンだからなのかスライドの選択ができなくなったりしてしばしば再起動.あと,PDFに出力したら画面の切り替え時に変なエフェクトがかかるようになっているのはよろしくないなぁと.

なにはともあれ,速く正式バージョンが出てほしいなぁ.

XPのネットワーク共有をブリッジ接続したcoLinunxesで使う

TAPのアダプタを複数作ってブリッジ接続して仮想的に複数台のcoLinuxesを接続できていたのだが,これまではそのブリッジにさらに外部に出られるインターフェースを追加してcoLinuxesが外部に出放題な状況だった.このままでも別に問題ないといえば無いのだが,この場合はcoLinuxがDHCPでリアルのネットワークにIPを取得しに行くため,自宅にいるか研究室にいるかで取得IPが違うのが面倒だった.ということで,NATで coLinuxes のネットワークを完全に外部から隔離してみた.

やったのは単純にTAPを全てブリッジ接続して,リアルのネットワークにつながるインターフェースをその「ネットワーク ブリッジ」に対して共有かけただけ.これでcoLinuxesはXPの提供するDHCPからIPを取るようになり,どこへ持っていっても同じIPでよろしい感じ.ただ,ネットの接続を共有した場合,共有を受ける側のインターフェースが 192.168.0.1 になり,DHCPも 192.168.0.xxx を割り振ることになるのでこれが少々めんどうかも.というのも,自宅のLANはもろに 192.168.0.xxx で組んであったので IP が衝突しまくりで設定変更を余儀なくされたから.共有を受ける側のIPが 192.168.yyy.xxx のように下二つを指定できるようになってると非常に使いやすいんだけどなぁ.なんで固定なのかが非常になぞだ...

Windows 互換シェル

面白そうなので Windows の Explorer の代わりになる互換シェルを調べてみた.どうやら昔試したときより数が増えてる模様.

Geoshell(日本語サイト)

BB4Win

xoblite

BBLean

LiteStep(日本語サイト)

litestep は昔に使った記憶があるので今回はやめるとして,とりあえずどれを試そうか? モジュールとか組み込んでいろいろできるらしいので楽しみだ.

coLinux + CygwinX

Cygwin の X サーバで XDMCP の接続が使えることに気づいたので試してみる.

起動はCygwin の startxdmcp.bat で REMOTE_HOST を coLinux の IP に変更して実行するだけ(coLinux 側で xdm/gdm の設定が必要だけど.その設定自体は VNC の場合も同じ).バッチファイルのコメントを消したのは以下となる(フルスクリーン,クリップボードあり).

SET DISPLAY=127.0.0.1:0.0
SET REMOTE_HOST=192.168.0.104
SET CYGWIN_ROOT=c:\cygwin
SET PATH=.;%CYGWIN_ROOT%\bin;%CYGWIN_ROOT%\usr\X11R6\bin;%PATH%
SET XAPPLRESDIR=/usr/X11R6/lib/X11/app-defaults
SET XCMSDB=/usr/X11R6/lib/X11/Xcms.txt
SET XKEYSYMDB=/usr/X11R6/lib/X11/XKeysymDB
SET XNLSPATH=/usr/X11R6/lib/X11/locale
if not exist %CYGWIN_ROOT%\tmp\.X11-unix\X0 goto CLEANUP-FINISH
attrib -s %CYGWIN_ROOT%\tmp\.X11-unix\X0
del %CYGWIN_ROOT%\tmp\.X11-unix\X0
:CLEANUP-FINISH
if exist %CYGWIN_ROOT%\tmp\.X11-unix rmdir %CYGWIN_ROOT%\tmp\.X11-unix
run XWin -query %REMOTE_HOST% -nodecoration -lesspointer -fp tcp/%REMOTE_HOST%:7100 -clipboard

ただ,このバッチファイルは coLinux でDHCPを使ってると IP がかかわる度に編集しなきゃならんのでめんどい.

GUI の起動用のランチャでも作ろうかなぁ?

ところで, gdm で Disconnect しても Cygwin-X が再起動するのをとめるにはどうしたらいいのだらう?

GDMでローカルサーバ立ち上げない+α

coLinux で gdm を使うときにはローカルのXサーバを勝手に立ち上げてほしくない.でも,それをやるには --no-console のオプションを渡さなければならない.

ということで,/usr/X11R6/bin/gdm-nc というファイルを作って,中身を

#!/bin/bash
/usr/bin/gdm --no-console

としておいて,/etc/rc.conf 内の DisplayManagerの起動コマンドをこれに変えてしまう.

DISPLAYMANAGER="gdm-nc"

これでローカルにXサーバが起動しなくなる.めでたし.

ついでに,kinput2 を起動させるために ~/.xprofile で

export XMODIFIERS="@im=kinput2"
kinput2 &

としておくか.(ふつうはどこで設定するのだらう?)

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 959 | 960 | 961 |...| 978 | 979 | 980 || Next»
Search
Feeds

Page Top