Home > Archives > 23 January 2019

23 January 2019

うーん,残念

タブレットCBT のシステムを紹介してもらえたのだけど,現状ではあんまりタブレットである意味がなかったりして残念な気分.もうちょい自動採点機能が高度になってくれると夢がある.

試験も電子化する時代にだいぶ前から入っていると思うのだけど,例えば手書きの数式を認識して自動で回答のチェックをしてくれるとか,英語の発言をテキストに起こして意味を解析して正解をチェックしてくれるとか,もうちょい「採点」に関する高度な技術が開発されてほしいところ.あとは,コアとなる式変形や概念を与え,それを知らないとうまく回答できないような問題を自動生成するとか,英語の適度な難しさの長文とそれに対する質問を自動生成するとか,問題作成の支援技術ももう少し高度なものがほしい.

鉛筆をキーボードやタッチスクリーンに変えただけってのは20年前の考えよね.

Home > Archives > 23 January 2019

Search
Feeds

Page Top