No Such Blog or Diary

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 || Next»

東大の銀杏とか

晴れた日曜午後の東大、子連れとカメラ連れの群れに出会える.それがうれしいかどうかはさておき、銀杏がちょうど良い感じになっているので写真撮ってきた.

正門前辺り.いい感じに黄色い絨毯.銀杏並木の先には安田講堂があるけどうまく写真に入らない…

TOKINA AT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8

農学部の門を入って右.ガラスに映る銀杏が面白い.

TOKINA AT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8

外苑と御苑

外苑の銀杏並木.黄色いねぇ.

TOKINA AT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8

新宿御苑の紅葉.紅いねぇ.

EF400mm F5.6L USM

そしてヨゴーロクですら重たいと感じる今日この頃.

TOKINA AT-X 116 PRO DXで

11mmの超広角で昭和記念公園のコスモス撮影.

満開にはまだ早いイエローキャンパス.

TOKINA AT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8

白いほうは最盛期過ぎたころ.

TOKINA AT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8

とりあえず常用している90mmに比べて画角がむちゃくちゃでかいので想像より余計なものが写る.ついでに,最短撮影距離が30cmと長めで想像してたより小さいものが大きく写せない.ほかのメーカーの超広角はもうちょっと寄れるのだけど….そして開放F2.8だけど絞っておかないと眠たい.

ウォータークラウンでも撮ってみようかと

以下のサイトを参考に回路組んで撮ってみた.手元にあったフォトトランジスタの指向性が今ひとつだったのでセンサ部にコンパレータつけたけど,後は同じような構成で.

http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/promenade/milk_crown.html

http://abcdefg.jpn.org/elebunkai/utsurundesu/cc.html

撮れたもの(各々異なる水滴):

きれいな王冠にするためのセッティングがよくわからない.水滴の落とす高さと受け皿のほうの水の深さと…

巾着田へ

そろそろ彼岸花が咲き始めた&日曜日から有料化(200円)する&明日以降は天気が悪いということで巾着田へ早朝から出かけてみた.とりあえず分かったこと:朝日は色温度が低いので要補正.

んで,早咲きの密集しているところ.それなりに紅い.

TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1

でも辺りはまだ芽が出たあたり.見ごろは来週とのこと.

TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1

彼岸花が高麗川沿いに咲いている内側で,コスモスも早咲きの部分は咲き乱れてた.

TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1

そんで朝っぱらからミツバチはせっせと働いている.

TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO1:1

それはさておき,高麗駅から巾着田に行くまでの最短路が予想よりも細い道路&ひん曲がっているで迷いそうになった.昼間は誘導の人がいるみたいだから迷わなくていいけど,もう少し各所の案内板を見やすくしてほしい.

EOS 50Dとか

EOS 40Dからの主な変更点:画素数1.5倍(連続撮影速度は同じ),液晶の解像度が倍,RAWのサイズが3段階,ISO感度が最大で12800,映像処理のエンジンがDIGIC 4(一世代上),レンズ周辺光量・自動補正,UDMA対応,HDMI出力端子,お値段1.5倍弱,バッテリのもちが若干悪くなった.

撮像素子のマイクロレンズギャップをなくしたとかの改良がどう効いてくるのかは興味あるけどどうなんだろ? あとは周辺光量の補正にカメラ側で対応したのも広角レンズ使うときには便利かも.でもまあ,撮像素子のサイズがAPS-Cのままだしこれといって購入意欲を掻き立てるものが無いようなきもする.

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 || Next»
Search
Feeds

Page Top