No Such Blog or Diary

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 61 | 62 | 63 || Next»

大学の桜

そろそろ良い感じに咲いたので昼頃に撮影.

もうちょい色のある種類のほうが良いのだけど誰に言ったら植えてくれるのだろうか.

河津桜を様子見に

四浦半島に河津桜があったよな,ということで豊後水道河津桜まつりへ.

でも右を見ても左を見てもまだつぼみ…… 早すぎた.

かろうじて見つけた咲いてるやつ.

もう少しで咲きそうな蕾も多少ある程度.

ということで,残念.伊豆より南だからもう少し咲いてるかと思ったけれど全然だった.四浦半島は微妙に遠いのでまた来年.月末にでも近場の静豊園に行ってみよう.

そういや山口の道の駅上関海峡の辺りにも河津桜があったような?

閑話休題.

伊良原ダムの様子見.先月頭に訪れたときに比べて水面上昇中.



なお,展望台は今月いっぱい建設中.

閑話休題.

R496 から r32 に入った最初の峠(トンネル)の東側がやばかった.路面の氷はまだ消えてないのに気温高いのでスタッドレスでもよく滑る.ツルツル.あれはチェーンじゃないと歯が立たない.

水関係の建造物を見に出かける

今じゃないと見られないだろう水関係の建造物をぐるっと巡ってきた.

まずは志高湖.凍った湖が見たかったので.志高湖はもともと灌漑用に作った人造湖だそう.

次に大分川ダム.水が溜まる前のダムを見たかったので.でも既に仮排水路をせき止めて少し水を溜めてた……

ダム本体を下流側から.石が新しくてまだ綺麗.

少し上流でダム湖を横断する橋の上から.左のガードレールがR442旧道? その下の仮排水路は堰き止められている.

同橋から上流方面.まだ微妙に工事中.どこまで水没するのだろう?

対岸に渡って第二展望台から取水施設の正面.上部はまだ工事中.

なお,第二展望台の先はまだ立入禁止.伊良原ダムより物々しい看板も.

そしてダムが水を溜める前に道が崩壊…… 大丈夫なのだろうか?

そして最後に通潤橋.むき出しの通水管を見たかった.ここ最近で通水管がむき出し状態なのが見られるのは20年に1回くらい.

ということで,道の駅に車を停めて坂を登る.

3分ほどで坂の上.いい運動.

そこから工事用の足場な階段で少し下ると見学台.

で,見学台からむき出しの通水管.管の両端が高い位置にあるので単純な水路じゃなくて本当に管.当時の技術力(根性)すげぇ.

通水管をアップで.所々に置いてあるのは肥料の袋.きっと袋は使い回しで中身は別物に違いない.

以上,気になっていた3つを見学できて満足.ダムと通潤橋はそのうち状態が変わったらまた行こう.ついでに r141 の R218 合流手前にある円形分水も忘れずに.

大雪だ

何だかんだで昨日は朝4時になってから今夜は寒いなぁと思いつつ寝たのだけど,10時頃に起きたら雪が12センチ位積もってた.

飲むヨーグルト vs ベランダの雪.

2Lペットボトル vs 車の上の雪.

そして折角なので開けたスペースのある筑豊緑地へ.とりあえず真っ白.


300m トラックとか完全に雪国.

んで,雪だるまでも作ろうかと思ったのだけど雪がサラサラ過ぎて上手くまとめられず断念.霧吹きでも持っていけばどうにか出来ただろうか.今後の課題.

閑話休題.

くるぶしが余裕で埋まる高さに積もってたので木の根元の土と囲いのブロックとの段差が見えずに足を挫いた.登山靴持ってきゃよかったと反省.

雪の九重連山へ

雪降ったから雪と日の出を見に九重連山へ.今回はまだ登ってない久住山を目標に.

とりあえず,R211 嘉麻峠の通行止めの罠にハマって遅くなりつつ4時過ぎに牧ノ戸峠に到着.マイナス12℃.今までで一番寒い.

諸々準備して4:50に出発 & 6:40 に久住山避難小屋に到着.

小休止して6:50 に小屋出発 & 日の出ちょい過ぎの 7:25 に久住山山頂に無事到着.でもガスってる.

なお,風が強すぎて山頂で一歩踏み出すのも時間食うしカメラ構える方向を変えるのも苦労するしブレずに撮るのも難しい.なので上の写真はブレた.撮り直ししてる余裕もなかった.

仕方ないので風よけに小さな岩陰に入って暫く様子を見る.バッグとか足とか,空気中の水分が付着して凍って白い.このとき温度計は14℃を指していた.ガスの向こうに太陽が見えるけれど,でも全然ガスが晴れてくれない.


んで,流石に風が強すぎて死にそうだったのでもう少し下のまともな岩陰に避難.手袋から手を出すと間もなく指が痛い&触覚なくなるで危険レベルだし,温めるためにカイロを取り出そうにも手袋のまま取り出せないので…… チキンレース状態.最終的に,手袋内に桐灰カイロのマグマをどうにか突っ込んで握りしめる形にして復活.

そして避難して暫く,ようやくガスの晴れるタイミングが来た.


風が強すぎて晴れたと思うとすぐガスるけど,もう一丁.平地の牧場とかゴルフ場とかが雪で白い.



で,カメラが死んだ.冷えてないバッテリーを入れても数枚ですぐ電池無いと言われる.さすがにマイナス14℃の暴風中では何の対策もしないと長時間動作は無理っぽい.上の写真を撮ってくれただけでも頑張ってくれた.

ということで,8:00 に下山開始.御池も寄ろうと思っていたけれど写真も取れないのでそのまま直帰コースへ.途中,小屋で休憩とか携帯が生きてることを思い出して携帯で写真撮影とかしつつ 10:30 に牧ノ戸峠到着.なお,α7S は沓掛山のベンチのある開けた場所辺りで復活.ここらはもうマイナス一桁前半℃なので大丈夫.寒くないし樹氷はきれいだし雪は吹き飛んでないし,ここらで十分な気もする.

ついでに下山後の牧ノ戸峠駐車場.山登らなくてもきれいな樹氷が…… 

もう 11時前だけど牧の戸峠の駐車場でもマイナス 4℃.

なお,ストックもアイゼンも持ってったけど結局使わなかった.一部,久住別れの辺りで(強風で雪が飛んで?)ツルツルの氷むき出しの箇所があったので場合によってはアイゼン必要になるかも.あと避難小屋の前の空間も何気に滑る.

閑話休題.

寒いので帰りに豊礼の湯に寄った.ファームロードわいたの R387 に出る手前のあたりにある.雪が降ったら来ようと思いつつ来てなかったのでこの機会に.

受付に行って札を貰って風呂入り口へ.檜の貸切半露天風呂1500円也.500円玉 x3 が必要.

お湯張り中.毎回お湯が張り換えられるのがよい.

そこそこ雪景色? 手前と奥は雪なのだけど,まん中の雪が溶けてて残念.

寒いので暖かい脱衣所で湯が溜まるのを待つ.

お湯チャージ後(上の勢いで15分~20分くらい出続けてた).湯船の右側は寝湯スペース.雪を見ながら…… といきたいところだけど,微妙に浅いので今日は微妙に寒い.

なお,外はマイナス 2℃.温泉がありがたい.

ということで,いい位置にある温泉なのでまた阿蘇からやまなみハイウェイに行った帰りとかにも寄りたい気分.ぶっちゃけ帰り道だし.バイクだと湯冷めが怖いけど.

閑話休題.

嘉麻峠が脆すぎる.午後になっても通行止め.

んで,仕方がないから R500で降りたけど,圧雪路の雪が溶けてシャーベット路になってて危なかった.実際,警察+レッカーが 1件と他にも何台か立ち往生がいてたし.しかも途中で信号機付き片側交互通行が2箇所あったりで…… 

というか,福岡県 道路情報 に騙された.R211 嘉麻峠に片側交互通行のマークしか見えないから行ってみたら上のとおり通行止めで.諸々の試行錯誤の結果,片側交互通行のマークの下に全面通行止めのマークがピッタリ重なって置かれているという罠だと判明した.作ったやつバカなんじゃなかろうか.全面通行止めだったら片側交互通行意味ないんだから全面通行止めを上におけよ……

このシステムは誰が管理しているんだか書いてないのでわからないというのも問題.道路維持課?

雪だー

ということで未明に英彦山へ.R500 はこの先通行止め.

気温マイナス4℃.そこまで寒くもない.

雪は小さいペットボトル程度の高さ.このくらいなら突っ込んでいっても問題ない.

英彦山までの R500 は圧雪路になっていて走りやすかった.対向車が来なければ怖くない.

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 61 | 62 | 63 || Next»
Search
Feeds

Page Top