No Such Blog or Diary

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 62 | 63 | 64 || Next»

岡山をうろちょろ

岡山県内を南西から北東に抜ける形でスタンプ回収しつつ夕方には鳥取の東部に突入.今日の終点の道の駅きなんせ岩美は机と椅子のある休憩所が 24時間開いてて便利.コンビニもくっついてるし.ここらは山陰道の SA も兼ねているからこの構造なのかね.

そして今日の温泉:岩井温泉のゆかむり温泉.きなんせ岩美に案内があったので.


温泉銭湯.源泉かけ流しだけど大人310円でリーズナブル(石鹸持ってけ).熱めの湯船の方は水深 1m くらいあって底面に座ると息できないだろう深さ.なかなか良かったので機会があればまた来る.なお,ちょうど混んでるタイミングだったので洗い場が足りなかった(近所の子供らに倣うなら湯船から湯を取って床で洗うのが正しい対処?).駐車場は目の前のが空いてれば近くていい.

小豆島をうろちょろ+α

引き続き小豆島上陸中.朝イチに島の中心の高いところへ.

まず四方指展望台.誰かがアンテナ立てて通信してた(Google Maps の写真には写ってない).モールス信号の発信と発電機の回転具合に相関があるのでサイドチャネル攻撃可能な気がした.

そのまま近くの前ノ田の三角点へ.ここは眺めがとても良い.そして紅葉の季節に来ると良さげ.



んで,山から降りてきて 9時になったら残りの道の駅 3箇所でスタンプを回収して,最後の道の駅でスタンプ完全制覇の確認と押印をしてもらって,そのまま郵便局に駆け込んで投函.あとは待ってれば完全走破認定証と完走ステッカーが届くはず.

で,郵便局の目の前で世界一狭い海峡を発見.昨日今日で何度か横断してたのだけど,単なる水路だと思ってた…… でもこれがギネス公認の珍しいものだったとは.というか,実はふたつの島で出来てるのか.知らんかった.

そして四国での用事が終わったので次はフェリーで岡山へ.岡山行きは3番で待機.チケット購入の場所も高松行きとは違う.

なお,がらがら.車4台+バイク2台程度.このタイミングで小豆島を出る人は少ないらしい.

昼過ぎに岡山港に到着後,今度は中国地方の道の駅スタンプの回収を開始.とりあえず今日は岡山市内にホテルを取っているので県内南東の 6箇所をササッと回っただけ.明日から本番.

閑話休題.

道の駅 くめなん の次に道の駅 かもがわ円城 を回収したのだけど,この間の移動を普通に国道でつないで R53 → R484 とすると R484 がだいぶ南に遠回りするので何かもったいない.で,車のナビに聞いてみたら「R484 が南下し始めるところで分岐して真西に伸びる r372 を使えよ.かもがわ円城に直結だよ」と答えたので,それに従って突き進んでみた:

まあ,狭い.離合可能な場所が少ないので対向車が来ると面倒.別ルートがあるので滅多に車は通らないと思うけど,行き止まりへの分岐スペースに車を停めて写真撮ってたら後ろからジムニーがやってきた程度には交通量があるっぽい.

この道は中国自然歩道とやらの一部らしいので案内看板も置かれている.でも,車と人の離合も難しかったりするので悩ましい.どちらかの通行を推奨しない形にしておかないと事故りそう.

一応,かもがわ円城の方にも R484 側にも大型車通行不能の看板が出てはいる.R484 側のは見にくくて見落としたけど.

なお,かもがわ円城への移動の正解は r372 の少し北の広域農道を使うこと.Google map はちゃんとそのルートを出してくれるので優秀.

香川をうろちょろ

四国の残りの道の駅スタンプを回収するために今日は香川をうろちょろ.

とりあえず起点は道の駅とよはま.開店まで時間があったのでぶらついてたらラッピング自販機等を発見.ぐぐってみたら観音寺市がアニメの聖地っぽい.最近流行りの街興し.

そして近くにあった観光案内図.デフォルメ具合がすばらしい.初見では四国全体の図であることに気が付かなかった.

次に同観音寺市のもうひとつの道の駅ことひきへ.ここは砂浜に巨大な「寛永通宝」があって急坂を登った先の展望台から全景を見ることが出来る.


……午前10時とかに来るのは間違っているらしい.もっと日が傾いてないと影が無くて凹凸が分からない.ここはまた次回再チャレンジしたい.

そして残りのスタンプを回収して残りが小豆島だけになったので高松のフェリー乗り場から小豆島へ.15:50 頃に着いてギリギリ 16:00 の便に滑り込んだ(本当は次の便目当てだったけど16時に乗れと言われたので).なお,車たくさん.

小豆島に着いた時点で 17時を回ってたので,スタンプの回収は明日やることにして島をうろちょろ.とりあえずはちょうど出現していたエンジェルロードへ.

うん,いつも思うけれど海に出現する道は沈んでるときも見ないと有り難みが分からない.でも時間もないので沈んでるのはまた今度見ることに.

そしてそこから r254 で大深山を一周.途中,西端の戸形崎でこいのぼりと夕日一歩手前を眺める.インスタに投稿するとなにか貰えるかも?

r254 を1周したあとはマルナカ新土庄店のとこのオリーブ温泉に入ろうかと思ったのだけど,何やら源泉のポンプが故障中だかで温泉じゃない状態.流石にそれに入るのは残念すぎる.

ということで,今日の温泉:道の駅 小豆島オリーブ公園 のサン・オリーブ温泉.まあ,泡風呂とかハーブ湯とか歩ける湯とかあって面白い.

そしてそのまま島を一周へ……

伊良原ダムまでふらふらと

伊良原ダム定点観測.2ヶ月前の2月中頃に比べるとコンクリート用の骨材貯蔵場所の壁が完全に水没してる.写真右側の道から降りた先の道も完全に水没.

比較に2月中頃の様子:

そして右岸の通れなかった橋から先の道が通れるようになっていた.

通れるようになった道を進んでダム本体へ.先月竣工だったらしい.


下流側.

ダム本体を渡った先の竣工記念碑.

記念碑横からダム湖.なかなか良い景色.

なお,どの部分を立入禁止と言っているのか今ひとつわからない看板が記念碑の横にあった.ダム本体を渡る道が離合不可能な幅なのでこちら側からの通行を禁止しているのかも知れない.

閑話休題.

赤村のr418から犢牛岳の近くを通って伊良原ダムに抜けるワープの入り口でふたつの滝の案内が出てたので見つけて寄ってみた.

ひとつ目は琴弾の滝.道沿いに駐車スペースと立派な看板があるのですぐ分かる.でもどこまでが琴弾の滝なのかよく分からない.

ここは秋になったら紅葉が良さそう.

ふたつ目は大音の滝.林道のヘアピンカーブから川沿いに30m歩く.

滝への道は,一部コンクリート+金属の手すり付き.

入り口のヘアピンカーブの内側に車1台は余裕で停められるスペースあり.

ただし,看板は琴弾の滝と違って朽ちている.

案内も自然に帰りそう.

そしてヘアピン全景.石やら枝やら葉っぱやらが散らばった道を運転しながら上の案内とかをこの景色から見つけ出せというのはだいぶ難易度が高いんじゃなかろうか?(1回目に見逃して林道を走りきった先からぐるっと返ってきて2回目に見つけた)

この大音の滝のある林道は車で突っ込むと車外作業が必要そう.時々枝が邪魔で,たまに石が邪魔をする.急勾配で離合困難なのはデフォルト.

海の中道海浜公園へネモフィラを見に行く

何やら海の中道海浜公園でネモフィラが咲いてるっぽいので見に行ってみた.なお,今日は入園料無料(駐車場代は別で取られる).

で,ネモフィラ畑.曇天.うーん……

丘?の上から.うーん……

なんというか,ひたち海浜公園のイメージで行ったのでがっかり感に溢れた.ひたち海浜公園や昭和記念公園の丘を想像してたので「丘?」な気分だし,育成のムラも気になるし(天候のせいもあるだろうけど).花畑が通路で細切れにされててよりスケールが小さく見えるのも微妙かも?

閑話休題.

ブラブラしつつ見つけた変わりもの.白ベースに鮮やかな青線が入ってるのが面白い.

この咲き方はこの株だけだったけど,何が原因でこうなるのかは気になるところ.

八木山をうろちょろ

天気もいいのでバイクで八木山へ.R201 バイパスを八木山バイパス手前で降りて飯塚市立病院の前を通る道を突き進んで溜池を通り過ぎたら第二龍王林道のT字に出るので,そこを右折して突き進んで龍王林道のT字路に出て,そこを左折したら八木山へ.

で,八木山で R201 に合流するところを曲がらずにゴルフ場の方へ突き進んでいったら八木山花木園とかいう物を発見.

ここは葉の出てきた木が沢山.


なんだろうと思ってたら案内を発見.5年前から3年間ほど桜を植えたっぽい.また桜の咲いてることに来ましょう.

次に,八木山花木園手前の畜産支援牧場の横の道へ左折して突き進んで行き止まり.道はあるけど立入禁止で,発破作業とかしてるらしい.Google マップで見ると採石場っぽいのが見える.

そして少し戻ったところで畜産支援牧場の脇に竜王山への登山道を発見.どのくらい登る人がいるのだろうか.

他にもいくつか道を突き進んだけれどゴルフ場に突入したりダートになったりで面白い道はなかった.

で,今日の外出の目的である枝垂れ桜.ペット霊園への道のところのだけど,ぶっちゃけ遅かった.


そしてグルっと回って時々ネズミ取りが居る微妙なカーブ外側の空き地から.電線と網がなければ菜の花が綺麗で良い眺めなのだけど……

諸々遅すぎたので来年はもう少し早く行くことにしよう.

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 62 | 63 | 64 || Next»
Search
Feeds

Page Top