No Such Blog or Diary

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 56 | 57 | 58 || Next»

Ghostscript と Prosper のインストール

ノートPCの再インストールの一過程を記録.

ちょっとバージョンは古いが,日本語をうまく扱う GNU Ghostscript 7.07 Windows 版をインストールする.

とりあえず以下のファイルをダウンロードする.

そしたらまず,gs707w32full.zip を適当なところに解凍して,展開された setupgs.exe を実行してインストールを行う.もしインストールディレクトリが C:\gs でないときは, gs_res.ps を編集する必要がある.例えばインストール先が c:\ptex\gs ならば,C:\ptex\gs\gs7.07\lib\gs_res.ps の 252行目あたりで

  /FontResourceDir (c:/ptex/gs/gs7.07/Resource/Font/) readonly .forcedef % pssys
  /GenericResourceDir (c:/ptex/gs/gs7.07/Resource/) readonly .forcedef % pssys'p

と変更する.そして,c:\ptex\gs\gs7.07\lib;c:\ptex\gs\gs7.07\bin; を path に追加しておく.

次に,フォント回りの設定をするため,以下のディレクトリを作成する.

c:\ptex\gs\gs7.07\Resource\
c:\ptex\gs\gs7.07\Resource\Font
c:\ptex\gs\gs7.07\Resource\CMap
c:\ptex\gs\gs7.07\Resource\CIDFont

そして,適当なディレクトリでダウンロードした acro5-cmaps-2001.zip と adobe-cmaps-200204.zip を解凍し, それぞれの CMap というディレクトリを c:\ptex\gs\gs7.07\Resource\ に順にコピーする.最終的に CMap ディレクトリに 217個のファイルが入っていればよい.ここまででとりあえずの設定は終了で,c:\ptex\gs\gs7.07\examples\cjk に移って,

gswin32c gscjk_aj.ps

と実行して正しく日本語が表示されていればよい.

さらに, PDF 作成時にフォントを埋め込まないようにするために,c:\ptex\gs\gs7.07\lib\ps2pdfxx.bat の26行目あたりを

echo -c .setpdfwrite -f %1 >>_.at2

から

echo -c .setpdfwrite ^<^</NeverEmbed [/Courier /Courier-Bold /Courier-Oblique /Courier-BoldOblique /Helvetica /Helvetica-Bold /Helvetica-Oblique /Helvetica-BoldOblique /Times-Roman /Times-Bold /Times-Italic /Times-BoldItalic /Symbol /ZapfDingbats /Ryumin-Light /GothicBBB-Medium]^>^> setdistillerparams -f %1 >>_.at2

に変変更する.(長いけど一行で).確認として c:\ptex\gs\gs7.07\examples\cjk に移って,

ps2pdf14 gscjk_aj.ps gscjk_aj.pdf

でうまく PDF が作成されれば良い.

以上で Ghostscript のインストールは終了したので,次に Prosper のインストールをする.とりあえず http://prosper.sourceforge.net/ から, prosper-1.00.4.tar.gz をダウンロードする.そして,latex のスタイルファイルの置いてあるディレクトリ,例えば C:\usr\local\share\texmf\tex\latex\misc に prosper-1.00.4.tar.gz を展開する.追加のテーマを使うならば,contrib-prosper-1.0.0.tar.gz もダウンロードして prosper/contrib ディレクトリに展開する.

これで Prosper を使うことができるのだが,dvi -> ps -> pdf という変換の際に用紙サイズの指定をきちんとやらないと端が切れることがある.また,しおりが文字化けする可能性もある.そのため,変換は以下のようなコマンドで行う必要がある.

dvipsk -t a4 -Ppdf -z -f test.dvi | bkmk2uni > test.ps
ps2pdf test.ps test.pdf

(ひょっとしたら ps2pdf でもサイズ指定がいるのかも...)

C#-mode (csharp-mode)

Meadow/Emacs の C#-mode (csharp-mode) を発見.http://www.davh.dk/script/ で公開されている.csharp-mode.el を site-lisp ディレクトリに入れて,.emacs に

 (autoload 'csharp-mode "csharp-mode" 
   "Major mode for editing C# code." t)
 (setq auto-mode-alist (cons '( "\\.cs\\'" . csharp-mode ) auto-mode-alist ))

のエントリを追加すると使用可能.

Visual Studio.NET2003 を持っているにもかかわらず,Meadow で書いてコマンドラインでコンパイルするというあほなことをやっている.

ちなみに,コマンドラインでコンパイルするには

C:\Program Files\Microsoft Visual Studio .NET 2003\Vc7\bin\vcvars32.bat

を実行して環境変数を適当に設定させるらしい.

GNUPlot Tips - eps オプション

EPS 出力の際のオプションで solid をつけると実線のみになる.dashed で通常通り点線がでる.dashlength で点線の長さ指定.lw 3 とかでデフォルトの線の太さを変えられる.などなど.

set terminal postscript eps color solid lw 3

GNUPlot Tips - key

グラフの線のタイトルは通常グラフの右上部に出力されるが,これを左側に移動することができる.

set key left

右上がりのグラフの描画時にはありがたい.

GNUPlot Tips - boxes

Box で棒グラフを描くときに,棒の幅を指定できる.こんな感じで.

set boxwidth 0.3 relative

通常に比べて幅が 0.3 倍になる.これで幅を縮めておいて棒グラフの中心をずれしておけば,複数の棒グラフをうまく並べてきれいに描くことができる.

GNUPlot Tips - データのフォーマット

x 軸を時間で指定するには,xdata, timefmt, format をいじる.

例えば,"HH:MM"という時間を使いたいときは,

set xdata time
set timefmt "%H:%M"
set format x "%H:%M"
set xrange 00:00":"23:10
set xtics "00:00", 10800, "24:00"

みたいに書く.%H は時間(0-23),%Mは分(0-59)を表す.timefmt は入力のフォーマットを指定していて,ファイルに書かれているデータやレンジ指定のところのフォーマットになっている.なので,入力データは例えば

00:17 37
00:18 38
00:18 39
00:20 40
00:20 41
00:21 42
00:21 43

みたいになっている.で,format は出力(xtics)のフォーマットを指定している.注意としては, xtics のインクリメントの指定などは秒単位となる.

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 56 | 57 | 58 || Next»
Search
Feeds

Page Top